BLOGブログ

2019年09月10日

前にかがむと痛い腰痛の原因と治し方

ブログ

目次

前にかがむと痛みの出る腰痛の原因とそれに対するアプローチ

神奈川県‐横浜市‐腰痛‐ヘルニア

まず腰痛の原因にはいろいろ考えられます。
筋肉の問題、関節の問題、内臓の問題、自律神経の問題、ストレスの問題。
更に足首の問題、股関節の問題、骨盤の問題、背骨の問題、首の問題といった形で腰はいろいろな影響が考えられます。
腰痛の原因を知りたい方はしたのURLからご覧ください。
今回は前屈時の腰痛について説明していきます。

前屈時に右腰が痛い人の原因

前屈時に右腰が痛い人は右重心が多いです。
ちなみに後屈で左腰が痛い人は左重心が多いです。
ですので、前屈時で右の腰が痛い方は、右の下半身をしっかりと緩めてみて下さい。
ストレッチをしても良いですし、マッサージしてもらっても良いと思います。
足首、股関節周囲を重点的にやってもらうと良いでしょう。

腰仙部の問題

骨盤と背骨のつなぎ目の事を腰仙部と言いますが、その腰仙部が癒着したり、周囲の靭帯が癒着したりするケースが多いです。
これは自分では不可能なので、専門の治療院きを、もしくは病院でリリースしてもらいましょう。
骨盤が前傾しすぎる痛みがでます。
皆さんの良い姿勢という考えの状態です。
お尻が上がった感じ。
背骨の柔軟性が無いと、この腰仙部で代償して反ろうとするので気を付けて下さい。
胸郭の柔軟性向上のトレーニング動画を下に張り付けておきます。
座った状態で腰を反らずにやってみて下さい。

首の問題

皆さん頭って実は重いのはご存知かと思います。
体重の約10%ですね。
体重が50kgの人でも5kg、5kgのお米分もあります。(笑)
そんなに重い頭を支えているのが首です。
その首から繋がっている頭の付け根に、後頭下筋という筋肉があるのですが、これが固くなってしまうので、姿勢はもちろん、自分でも緩めてみましょう。
テニスボールをつかった動画を下に張り付けていますので、ご覧下さい。

背骨の柔軟性低下の問題

これが一番重要です。
身体に問題がおきる順番として、背骨が固くなって、ギックリ腰や寝違いなどが出てきます。
その後に、下肢の問題がでます。
そして上肢の問題、四十肩とかがそうですね。
更にいくと、自律神経に問題が出てきます。
なので慢性痛をもつ方は、うつ病や認知症にもなりやすかったりします。
こういった形で段階的に問題が出て来るんですね。
なので早めに腰痛は治しましょう。
背骨が固くなるという事は、老朽化しているという事です。
おじいちゃん、おばあちゃんを見ればわかると思います。
背骨が固まって、ひどい人は変形し丸まってます。
ウェイトトレーニングや体幹トレーニングで筋力をつけるのは良いのですが、固くなって動きを失ってしまっては、意味がありません。
背骨の柔軟性を出すトレーニング動画を見たい方は、下のURLからお入り下さい。

初診料5,000円+施術代10,000円⇒初回限定80%OFFの3,000円で施術致します。

初めてですと不安な方も多いと思います。
私も1回で治せるとも思っていませんし、100%治せるとも思っていません。
その理由としてお客様と私の考えの違い、内臓の問題での痛みなども考えられますので、そういった場合は治療をせずに、病院をご紹介いたします。
考えの違いというのは、お客様と私の信頼関係です。
私は本気で治そうとしていますので、それに対してプロとして日常動作の指導やリハビリの指導などがあります。
しかしこの指導を聞いて頂けないようでしたら(患者様により環境が違いますので、負担にならない程度のメニューを作ります)、結局は治らいないので時間の無駄になってしまいます。
初回は痛みの原因、それに対して何をしていかなければいけないかを理解したうえで、通って欲しいと思っております。

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-7419-1008