BLOGブログ

2019年05月25日

野球肩へのストレッチ

ブログ

皆さんこんにちは。
神奈川県横浜市で整体院ワイアスリートケアをやってる湯山といいます。
今回は野球肩に対してのストレッチをご紹介させて頂きます。

はっきりいってこのストレッチをしたら絶対に治るというわけではございません。
人それぞれ原因が違いますので、それにあった問題であれば良くなります。
ストレッチだけではなく筋力トレーニングも必要かもしれませんので、もし野球肩・野球肘で悩んでいましたらご連絡下さい。
無料でご相談を受けたまわっております。
TEL:080-7419-1008
LINE:@jOC6553l


☆では本題に入っていきましょう。
野球肩の原因はいろいろあると思いますが、そのなかでも特に多い原因に対してのストレッチを紹介していきます。

・スリーパーストレッチといって肩の後ろの筋肉を伸ばすストレッチです。
伸ばす筋肉は棘下筋といいます。
この筋肉が固いと怪我をしやすいのは間違いありません。
もっともポピュラーなストレッチなので、皆さんも知っているとは思いますが、更に詳しく説明したいと思います。
投球側の肩を下にし、横向きで寝ます。
肩と肘は90°づつ曲げ、ストレッチした際に肩が浮かないように顎をのせます。
ストレッチする反対側の手で、手首を床に向かって押さえ伸ばしていきます。
筋肉の繊維に変化が出るのは1分位なので1分30秒伸ばして下さい。
ただ筋膜に問題があるとストレッチをした際に筋力が落ちてしまうので、練習前や試合前のストレッチは15秒程度にして動かしながらほぐしてください。
練習後は1分30秒、練習前は15秒

こちらの動画もご覧ください。こちらでは違うやり方で棘下筋をほぐしています。
参考になればと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=UkZ7UqG34Bo

・次は胸郭のストレッチを教えていきます。
背中の筋肉である広背筋のストレッチをしていきます。
この広背筋という筋肉ですが、有名ですので知っている方も多いと思いますが、パフォーマンスにはとても重要な筋肉です。
この筋肉がしっかり使えれば球速も上がりますし、打球の飛距離も上がります。
筋肉をしっかり使うというのは、しっかりと伸び縮みが出来るということです。
しっかり伸びなければ、しっかり縮むことは出来ません。
大概の方は縮んだままで使ってしまっていいるので、パワーは半減してしまいます。
皆さんも知っているストレッチかと思いますが、さらに効果的なストレッチを教えます。
投球側の肩の高さが低い場合には特に効果的です。
うつ伏せになり投球側の手をあげて広背筋を伸ばしながら、反対側のお尻の筋肉も伸ばしていきます。
こうすることによって対角線上に筋肉が伸ばされます。
背中の筋膜は反対側のお尻の筋肉と繋がっており、伸ばされやすくなるのです。
練習後は1分30秒、練習前は15秒

こちらの動画もご覧ください。こちらも違うやり方で広背筋などの筋肉を伸ばしています。
参考になればと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=C3MZiTFNBuc&t=5s

・最後に股関節のストレッチを教えます。
内転筋のストレッチになります。
やはり股関節周りが固いと下半身を使いにくくなり、上半身だけに頼ってしますので肩に負担がかかりやすくなります。
股関節を使いやすく、骨盤を立たせて良い姿勢をとりやすくするためには、内転筋のストレッチもやっていきましょう。
普通に開脚してのストレッチだとなかなか柔らかくならないので、台など高さが出るものを使ってやっていきます。
立った状態でそのまま開脚し、限界まで広げたらその高さで腰かけ、そのまま前屈し伸ばしていきます。
10秒くらい伸ばしたら再度立ち上がり、限界まで足を広げ腰かけて、前に倒すことを繰り返します。
10秒10回程度おこないます。


※日頃の蓄積などもありなかなか柔らかくはなってこないと思いますが、根気よく続けていきましょう。
どうしても肩の痛みが取れない、なかなか柔らかくならない、ストレッチをしっかりしているのに怪我を繰り返してしまう方はご相談下さい。
私が責任をもってあなたを怪我のしない身体にし、更にパフォーマンスアップさせます。
いいなと思っても、なかなか来るのに勇気が出ないという方いるとおもいます。今なら通常10000円のコースが初回限定で3000円で受けれます。
関東唯一、全国からプロ野球、社会人野球の選手が来院し、野球漫画も監修している整体院へ来て本当の柔軟性を手に入れましょう。
ご質問等あると思いますのでまずはご連絡お待ちしております。
TEL:080-7419-1008
LINE:@jOC6553l

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-7419-1008